マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了

マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。
RX-8の生産終了で、市販されているロータリーエンジン搭載車の終了を意味する。

マツダ RX-8

しかしながら、今回の発表で会長兼社長の山内氏は「RX-8の生産は終了しますが、ロータリーエンジンがマツダの魂のひとつであることに変わりはありません。マツダは今後もロータリーエンジンの研究・開発を継続していきます。」と宣言している。

RX-8は11月24日に最終モデルとして特別仕様車SPIRIT Rが発売される。