日産 モコをフルモデルチェンジ

日産 モコ日産は、モコをフルモデルチェンジした。
新型モコは、「上質で心地よい私のための新しい空間」をコンセプトに、開放感あふれる室内空間を実現している。

モコは、おしゃれでエレガントなエクステリアとインテリアにより、2002年4月に発売した初代モデルと2006年2月に発売した2代目モデル共に、ユーザーから高い評価を得てきた。
新型モコでは、さらに洗練されたデザインと上質感が追求されている。

エクステリアは、一目で新型モコと分かる特徴的なフォルムのヘッドランプや安定感のあるフロントバンパーなどを採用。
インテリアは、艶やかなピアノブラック調センタークラスターフィニッシャーや先進的なデザインでタッチパネル操作が可能なディスプレイ付CD一体AM/FMラジオをなどを採用し、上質感に満ちたデザインとされている。

日産 モコ インテリア

また、エンジン、CVT、プラットフォームを一新し、大幅な燃費向上を実現している。
2WDのR06Aエンジン搭載車は、クラストップレベルの25.5km/Lを達成した。
新型モコは全グレードがエコカー減税の対象車種となっている。

新型モコはスズキからのOEM供給モデル。
新型モコの価格は、1,079,400円から。