レクサス CT200hを発売

レクサスは、CT200hを発売した。
CT200hは、プレミアムコンパクトクラス初となるレクサスのハイブリッド専用モデルだ。

レクサス CT200h

CT200hは、躍動感あふれる俊敏な走りと先進の環境性能に、ダイナミックでスポーティなスタイルを兼ね備えた「乗って走って楽しい」時間と空間を提供する、レクサスの新たな時代を切り拓くクルマを目指して開発した5ドアハッチバック車。

CT200hは乗り心地に貢献するパフォーマンスダンパーを採用した高いボディ剛性、新開発サスペンションとステアリングに設けたパドルシフトによりパワーを自在にコントロールし、俊敏な操舵性と乗り心地を両立。

また加速フィール、ステアリングの手ごたえやメーター表示などを切り替え可能なドライブモードセレクトを採用し、ドライバーの気持ちに合わせた走りを実現するとともに、1.8Lアトキンソンサイクルエンジンと「レクサス・ハイブリッドドライブ」技術を最大限に活用し、クラストップの燃費性能34.0km/Lを実現。

さらに、車高を低く押さえた低重心なフォルムなどにより、走りを感じさせるシルエットとした。

CT200hの価格は、355万円から430万円。