日産 新型セレナを発売

日産は、新型セレナを発表した。
新型セレナは、室内空間の広さと使い勝手の良さを更に進化させるとともに、新たにアイドリングストップシステムを搭載した。

日産 新型セレナ

セレナは、1991年6月の初代モデルから、ゆったりくつろげる室内空間の広さ、運転のしやすさ、多彩なシートアレンジなどがファミリー層を中心とするユーザーから高い評価を得ており、2007年から2009年までは3年間連続でミニバン販売台数第一位を達成している。
さらに、本年2月には国内累計販売台数100万台を突破し、初代発売以降のロングセラーを続けている。

新型セレナは、ECOモーター式のアイドリングストップシステムを搭載し、エクストロニックCVTに新開発の直噴エンジンを組み合わせることにより、クラスNo.1の低燃費15.4 km/L(10・15モード)を実現した。
減速時の回生充電機能を持っているオルタネーターに、アイドリングストップからのエンジン再始動機能を加えたECOモーターは、再始動の早さと静かさに貢献し、自然な運転感覚と快適な室内空間を実現している。
新型セレナは、エコカー減税 75%減税の対象となる。

新型セレナの価格は、216.3万円から285.6万円。
11月29日に発売される。