トヨタ 軽自動車市場への参入を発表

トヨタは、ダイハツから軽自動車のOEM供給を受け、販売すると発表した。

国内市場では軽自動車市場の比率が高まっており、トヨタのお客様の中にも軽自動車を要望される方が増加している。
トヨタは軽以外の市場、ダイハツは軽市場を主領域としたビジネスを展開することに変わりはないものの、軽自動車を要望されるお客様の声に迅速に対応し、トヨタおよびトヨタ販売店のお客様として関係を持ち続けていくために、グループの経営資源を活用し、OEM供給することで合意にいたった。

ダイハツ ムーヴコンテ
画像はムーヴコンテ

トヨタに供給されるダイハツの軽自動車は、ムーヴコンテ、ハイゼットともう一車種(検討中)が予定されており、販売台数は年間6万台(3車種導入時)を想定している。
2011年秋以降、全国のカローラ店・ネッツ店のほか、一部、軽市場の比率の高い地域においては、トヨタ店・トヨペット店での扱いも予定している。

また、グループの経営資源の活用として、トヨタの持つHV・EVといった環境技術分野における国内での協業についても、2011年末までに今後具体的な商品・技術を決定する。