プジョー 3008を発売

プジョーは、3008を発売した。
プジョー3008は、同社初のクロスオーバービークルで、価格は339万円から。

プジョー 3008

プジョー3008は、2008年のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「プロローグ HYbrid4」のモノスペース・トールボーイスタイルを受け継いだ市販モデル。
セダンのスポーティなドライビングフィールとラグジュアリーなインテリア、MPV(マルチ・パーパス・ビークル)でしか得られなかった広い室内空間と高いアイポイント、SUVを思わせる力強いスタイリングなどを1台に融合した、これまでになかったまったく新しいクロスオーバービークルとなっている。

室内空間は、308ハッチバックに比べ15mm広い全幅を最大限に活用し、室内幅とシート幅を拡大、特に前席の室内幅は308ハッチバックの 1,490mmに対して3008では1,565mmと、圧倒的なスペースを誇る。
またシート座面から天井まで、フロントシートで1,100mm、リアシートで1,050mmを確保している。
ラゲッジスペースは、リアシートを立てた状態で432L、6:4分割可倒式リアシートを折りたたむことで1,241Lへと拡大する。
3008のルーフ部分には、最大幅1,202mm、前後長1,382mmと大型のパノラミックガラスルーフを標準装備した。

3008に搭載されるエンジンは、1.6Lダイレクトインジェクション ツインスクロールターボ付き DOHC16バルブエンジン(EP6CDT型)を採用。
最高出力115kw(156ps)/6,000rpm、最大トルク240Nm(24.5kgm)/1,400~3,500rpmを発揮する。
組み合わされるトランスミッションは、308CCに搭載されている最新型の6速ATだ。