スバル レガシィに新型アイサイト搭載モデルを設定

スバルは、レガシィ シリーズに改良を施し、新型アイサイトを搭載したモデルを設定した。
新型EyeSight(アイサイト)は、自動ブレーキによって車両を停止させる最新の制御システムなどを含み、安全性の向上と運転負荷の軽減を図る機能を進化させた。

スバル レガシィ

レガシィシリーズは、今回の改良により、全車にクルーズコントロールを標準装備としたほか、エコカー減税対象車の展開を強化した。
レガシィツーリングワゴン、アウトバックの2.5i Lパッケージと2.5i アイサイトは減税75%に適合し、ツーリングワゴン、B4の2.5i Sパッケージは、エコカー減税50%に適合している。
(ただし、B4は、マッキントッシュオーディオシステム、サンルーフをオプション装備した場合のみ)

装備面では、人気のLパッケージとSパッケージの仕様装備を充実させた。
L Packageは、17インチアルミホイール、オートライト&オートワイパー、ヘッドランプウォッシャーなどを装備。
S Packageは、左右独立温度調整機能付フルオートエアコン、助手席パワーシートなどを装備し、仕様装備の充実が図られている。

また、特別仕様車2.5i S-styleは、2.5iをベースに、専用16インチアルミホイール、HIDロービームランプ、本革巻ステアリングホイールなどの特別装備を施しながら、お買い得感のある価格設定とした。

価格は、レガシィツーリングワゴンが236万2500円から348万6000円、B4が220万5000円から332万8500円、アウトバックが267万7500円から372万7500円。