ホンダ シビックタイプRの生産を終了

ホンダは、シビックタイプR (4ドア)の生産を2010年8月末をもって終了すると発表した。

ホンダ シビックタイプR

シビック タイプRは、運動性能を徹底的に研ぎ澄まし人とクルマの一体感のある操るよろこびを追求したピュアスポーツモデルとして開発された。
1997年に初代モデルを発売、2001年には2代目として英国生産車を輸入、現在のシビックタイプRは3代目にあたり、2007年3月に発売された。

ホンダにおけるTYPE Rの位置づけは、ベース車の運動性能を際立たせ、走る楽しさを徹底追求したレーシングテイストを味わえるスポーツモデルである。
1992年に「NSX」に初めて設定され、1995年に「インテグラ」、1997年には「シビック」に設定された。