プジョー 308CCに第2世代型6速ATを採用

プジョーは308CCに第2世代型6速ATを搭載すると発表した。
308CCは、プジョー308シリーズのクーペカブリオレモデルだ。

プジョー 308CC

308CCは、2009年6月に日本に導入された電動メタルトップを採用したフル4シーターモデル。
搭載される1.6L DOHC16Vツインスクロールターボエンジンは、従来型よりも16psパワーアップされ156psとなった。

第2世代型6速AT(オートマチックトランスミッション)は、プジョー全ラインアップの中で、308CCに初めて搭載される。メカニズムにおける摩擦ロスを最小化すると共に、優れたパフォーマンスを発揮、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性が最大の特徴だ。
さらに2速から6速のロックアップ領域を広げることで、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現している。

車両価格は、308CC Premiumが420万円、308CC Griffeが460万円。
3月17日(水)より全国のプジョーディーラーネットワークにて、予約注文の受付を開始する。
デリバリー開始は、本年初夏の予定だ。