日産 2010年ジュネーブショーの出展概要を発表

日産は、2010年のジュネーブモーターショーの出展概要を発表した。
日産ブースの目玉となるのは、新型グローバルコンパクトカーと新型コンパクトスポーツクロスオーバー「ジューク」だろう。

日産 新型コンパクト

日産はジュネーブモーターショーでは、新型グローバルコンパクトカーおよび新型コンパクトスポーツクロスオーバー「ジューク」を全世界に先駆けて披露する。
また、欧州で初披露となる電気自動車(EV)「日産リーフ」を出展する。

新型グローバルコンパクトカーは、新開発のVプラットフォームを採用した初めてのモデルで、燃費の良さとCO2排出量の低減を実現している。
なお、本年3月のタイでの販売開始を皮切りに、世界160カ国で販売される。欧州での販売開始は今秋を予定している。

「ジューク」は、コンパクトなボディに、スポーツカーの持つ俊敏さと卓越した操縦安定性、SUV特有の力強さをあわせもつ、新しいジャンルのコンパクトスポーツクロスオーバーである。
ジュークは、日米欧を含むグローバルな市場での販売を予定しており、全世界に先駆けて、本年初夏より日本で発売する。

日産は、上記の他、3月にマイナーチェンジする「キャシュカイ(日本名:デュアリス)」、「パスファインダー」「ナバラ」、及び欧州で初披露となる「370Z ロードスター」を合わせて出展する。