ハイブリッド車に疑似エンジン音義務化へ

国土交通省は、HVや電気自動車への疑似エンジン音装置搭載を義務づけると発表した。
ハイブリッド車は「静か過ぎて気付かずに危険」と指摘されていたため、車両接近通報装置(疑似エンジン音発生装置)の搭載を義務化するというもの。

新型プリウス (3代目)
画像はトヨタのハイブリッド車「プリウス」

国土交通省は、装置の機能などのガイドラインを示し、義務化される前にも積極的に搭載するよう、関係団体を通じて各メーカーに要請した。
今後、各社が装置搭載車を販売し始めた時期を見ながら、保安基準を作成し、早い時期に新車への搭載を義務化する考えだ。

対象となるのは、低速走行時にエンジンを使わず電気だけで走行するHVや電気自動車、燃料電池自動車。

実験などで、目をつぶるなどした場合、低速走行時はほとんどの人が接近に気付かなかったという。
実際にハイブリッド車などの接近時に気付かなかったり、逆にハイブリッド車などの運転中に周囲の歩行者に気付かれずに危険な思いをしたというかたも多いのではないだろうか。

装置で疑似エンジン音を発生するのは、発進から時速20kmまでの走行時と後退時とし、発進してから20km/hになるまでは自動的に鳴り続けることが必要とされた。

安全のためとは言え、静かであることも特徴のひとつであるハイブリッドや電気自動車に擬似的にエンジン音を発生されるというのは、非常にナンセンスな話のようにも思える。