マツダ アクセラとビアンテの90周年記念特別仕様車を発売

マツダは、アクセラとビアンテに同社の創立90周年記念の特別仕様車を設定した。
アクセラとビアンテの特別仕様車は、アイドリングストップ機構「i-stop」を搭載し、エコカー減税75%減税とエコカー補助金の対象車となる。

マツダ 創立90周年記念

アクセラの90周年記念特別仕様車は、アクセラスポーツおよびアクセラセダンのi-stop付きモデルであるアクセラスポーツ20Cおよび20S、アクセラセダン20Cおよび20E(2WD)をベースに、新色「ガンメタルブルーマイカ」を採用した。
ガンメタルブルーマイカは、国内初採用のボディカラーだ。

アクセラスポーツ 20S 90周年記念特別仕様車

ビアンテの90周年記念特別仕様車は、20CS(2WD)をベースに、i-stop、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)、電動両側スライドドア、アドバンストキーレスエントリーシステムなどを装備した。

マツダ ビアンテ i-stop Smart Edition(スマートエディション)

価格は、アクセラスポーツ20Cが189万円、20Sが214万円、アクセラセダン20Cが189万円、20Eが205万円、ビアンテ i-stop Smart Edition(スマートエディション)が226万円。