ベンツ Eクラス環境対応モデルが上級モデル装備で登場

メルセデス・ベンツは、新型Eクラスの優れた環境性能のモデルである「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」を日本で発売した。
環境性能を高めただけでなく、上級モデルと同等の安全性や快適性を実現しているのも大きな特徴だと言える。
E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドは、ガソリンエンジン搭載車では輸入車初のエコカー減税対象車となる予定だ。

メルセデス・ベンツ E250 CGI ブルーエフィシェンシー

E250 CGI ブルーエフィシェンシーのラインナップは「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」、「E250 CGI ブルーエフィシェンシークーペ」、「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」の3種類。

搭載されるエンジンは3モデルとも、新開発の1.8Lガソリン 直噴ターボエンジンで、先代E250と同等の出力と、最大トルク26%の増加を実現するとともに、燃費は最大約27%の大幅な低減を図っている。
また、その名の通り、燃費向上やCO2排出量削減に向けたメルセデスの最新環境対応技術である「ブルーエフィシェンシー・テクノロジー」を採用している。

前述のとおり装備は、かなり充実している。
E250 CGI ブルーエフィシェンシー(セダンおよびクーペ)は、9個のエアバッグ、居眠り運転による事故を防止するためのアテンションアシスト、HDDナビゲーションシステム、地上デジタル放送(12セグ)対応テレビチューナー、iPodやUSBオーディオなどの外部オーディオ機器対応のメディアインターフェース、リアビューカメラ、パークトロニックなど、上級モデルと同等の安全性や快適性を備えている。

さらにE250 CGI ブルーエフィシェンシーアバンギャルドは、ほぼAMG仕様となっており、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、リア/サイドスカート)や18インチAMGツインスポークアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンド、AMGスポーツシート、AMGスポーツステアリング、パノラミックスライディングルーフなどを標準装備している。

これだけの装備を採用しながらも魅力的な価格設定となっており、E250 CGI ブルーエフィシェンシーが634万円、E250 CGI ブルーエフィシェンシー クーペが668万円、E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドが698万円という、新型Eクラスの中でも最安グレードと並ぶ価格だ。