アウディ Q7 今夏にマイナーチェンジ

アウディは今夏中にQ7のマイナーチェンジを行う。

アウディ 新型Q7

新型Q7では、内外装のデザイン変更と環境性能の向上を行う。

外装デザインは、最近のアウディのデザインアイデンティティとなっているLEDライトとハイグロス処理を施した新デザインのシングルフレームグリルの採用、新形状のテールゲート、アンダーカバーのデザイン変更が行われる。
インテリアは快適装備の強化が行われ、HDDナビゲーションシステムを最新型とし、270ワットアンプ&14スピーカー採用のBOSEサウンドシステムを標準装備とした。
4.2Lモデルでは、バング&オルフセン アドバンスド サウンドシステムを選択可能としている。

環境性能面では燃費向上とCO2低減を図ったFSI(直噴)エンジンを搭載する。

新型Q7は、4月に開催された上海モーターショーで初公開され、日本では8月に先行予約開始となり、正式発売は10月頃になる見通しだ。