レクサス IS、IS-F、SCがマイナーチェンジ

レクサスは、IS、IS-F、SCの3車種に一部改良を施し、SCは8月3日、ISとIS-Fは8月5日に発売すると発表した。

レクサス IS
ISは、デザイン変更や装備の見直しが行われた。
装備面では、IS全車に標準装備されるHDDナビゲーションに、通信で地図の更新ができる「マップオンデマンド」や地上デジタルTVチューナーが追加され、携帯型オーディオプレーヤーの接続が可能なUSB端子が設置された。
また、新たに充実装備のversion Fグレードが設定された。
version Fでは、専用のメッシュタイプフロントグリル、リアスポイラー、スポーツシート、本革シートなどが標準装備となる。
逆にIS250(ベースグレード)は、ディスチャージヘッドライトなど一部の装備を標準からオプションに変更することで、価格の引き下げを行っている。

レクサス IS-F
IS-Fは、トルセンLSDが標準装備されたほか、ステアリングホイールのデザインが変更された。
装備面はISと同様にマップオンデマンドや地デジチューナー、USB端子が搭載される。
また、メーカーオプションではあるが、BBS社製の新デザイン19インチ鍛造アルミホイール(5本スポーク)が設定された。

レクサス SC
SCは、国内初設定の新色ブルーマイカメタリックの設定と、スポーティで力強さを強調した18インチアルミホイールが採用された。
イルミネーテッドエントリーシステムには足元照明が追加され、ドアロック解錠時にドアミラー内蔵ライトで足元を照らす。

価格は、ISが392万円から541万円、IS-Fは780万円、SC430は710万円。