新型プリウス 国内供給台数を引き上げ

トヨタは新型プリウスの国内供給台数を月2万台から月2万5000台へと引き上げる方針を明らかにした。

新型プリウス (3代目)

新型プリウスはエコカー需要の中で受注総数は24万台を超え、増産を発表していたものの納車時期は4月以降までずれ込むとされていた。
今年度内に新車登録できなければエコカー補助金の対象とならない可能性があることから、供給台数を増やし受給対象外となってしまう顧客をなるべく減らしたい考えだ。