新型プリウス 発売後1ヶ月で18万台受注

トヨタは、新型プリウスの発売から約1か月に当たる6月17日時点の受注台数が約18万台になったと発表した。
新型プリウスの月間販売目標台数は1万台としていたため、実に18倍に当たる。

新型プリウス(フロント)

新型プリウスが好調な理由としては、205万円からの価格と環境対応車普及促進税制による20万円程度の減税という割安感と、90%以上を新開発したハイブリッドシステムによる超低燃費とゆとりの走り、S-VSC、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグなどの充実した安全装備が挙げられる。