三菱 ランエボXIはハイブリッドとなるか

三菱 ランエボXIは、プラグインハイブリッドとなる可能性が高いようだ。
ランサーエボリューションXIでは、これまでのターボシステムに代わり、電気モーターを使うシステムを計画しているという。

三菱 ランサーエボリューションXI イメージスケッチ

ランエボXIでは、東京モーターショーに出展された「PX-MiEVプラグインハイブリッドコンセプト」のプラットフォームを使用する準備を進めているという。

ランエボXIに搭載される2.0LガソリンエンジンはNA(自然吸気)へと変更され、ターボの代わりにリチウムイオン二次電池と電気モーターがブーストの役割を果たす。
電気モーターは前輪を、ガソリンエンジンは後輪を駆動するかたちでエボXIの4WDシステムは構成されるようだ。
新しい電気モーターは実質的にターボのように動作するため、動力伝達について心配する必要はないという。
もちろんEVモードでの短距離走行も可能となっており、大幅な燃費効率の向上とCO2排出量の削減へと繋がる。

また、運転支援機能も刷新される。
そのいくつかは、当初ランエボXで予定されていたものだという。
アクティブステアリング&ロールコントロールサスペンションは、現行型のために開発されたが、資金不足のため搭載されなかったものだ。

ランエボXIには後輪の間でトルク配分を管理するE-AYCも装備される予定だ。

※この情報は噂に基づく物で、メーカー発表等の正式情報ではありません