エコカー記事一覧 (10ページ)

日産 フーガ ハイブリッドを2011年春に米国発売

日産はフーガ ハイブリッド(米国ではインフィニティ M35ハイブリッド)を米国で2011年春に発売すると発表した。
フーガ ハイブリッドは、インフィニティ初のHVとなる。

インフィニティ M35 ハイブリッド

続きを読む »

コメントはありません

ハイブリッド車 エンジン音発生装置の搭載を義務化へ

ハイブリッド車の低速走行時にエンジン音に類似した音が出る装置の装着が義務化されそうだ。

ハイブリッド車は、低速走行時(特にモーターのみで走行可能な場合)の走行音が静かすぎ、歩行者に危険との指摘が以前からあった。
国土交通省はこれに対し、低速走行時にエンジンに似た音が出る装置の搭載を自動車メーカーに義務付ける方針を固めた。

まだ確定というわけではなく、ホームページなどで国民の意見を近く求めるとしている。

コメントはありません

ベンツ Eクラス環境対応モデルが上級モデル装備で登場

メルセデス・ベンツは、新型Eクラスの優れた環境性能のモデルである「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」を日本で発売した。
環境性能を高めただけでなく、上級モデルと同等の安全性や快適性を実現しているのも大きな特徴だと言える。
E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドは、ガソリンエンジン搭載車では輸入車初のエコカー減税対象車となる予定だ。

メルセデス・ベンツ E250 CGI ブルーエフィシェンシー

続きを読む »

コメントはありません

トヨタとスバル 電気自動車を共同開発へ

トヨタとスバルが電気自動車の共同開発を検討していることが明らかになった。

スバルは2009年7月から、法人や自治体向けに電気自動車「プラグイン ステラ」を販売しているが、次期EVはトヨタと共同開発することで低価格化を目指す。
2010年代前半に共同開発した電気自動車を販売する考えだという。

プラグインステラ
画像はプラグインステラ

続きを読む »

コメントはありません

ダイハツ HVに迫る低燃費の軽自動車を発売へ

ダイハツは、ガソリン1Lで30kmを走行可能な軽自動車を2011年を目処に発売することを明らかにした。

軽自動車の燃費としてはミラの27km/Lからさらに低燃費となり、ハイブリッド車に迫る燃費を達成することとなる。
ダイハツは、試作車を東京モーターショーに出展するという。

低燃費とするため、軽量化に加え、アイドリングストップ機構を採用している。

コメントはありません

日産 リーフ 米国で2010年春に先行予約開始

北米日産は、電気自動車「リーフ」のオーダー受付を2010年春に開始すると発表した。
納車は2010年末からの予定で、すでに約2万人のバックオーダーを見込んでいるという。

日産 リーフ

続きを読む »

コメントはありません

トヨタ SAI エコカー補助金に間に合うのは約40%

トヨタはSAIの年度内の国内受注台数として3万7千台程度を見込んでいるが、2010年3月末までに納車が間に合うのは約40%に当たる1万5700台程度となる見込みだ。

レクサス HS
画像はレクサス HS250h

続きを読む »

コメントはありません

ボルボ C30の電気自動車仕様「C30 BEV」を公開

ボルボは、初の電気自動車となる「C30 BEV」を公開した。
BEVは、バッテリー・エレクトリック・ビークルの略で、電気自動車であることを意味する。
ボルボは2012年のPHV(プラグインハイブリッド車)の市場導入に加えて、電気自動車についても性能評価を行っているという。

ボルボ C30 BEV

続きを読む »

コメントはありません

レクサス RX450hに2WDモデル追加

レクサスはRX450hに2WDモデルを追加する。
RX450h 2WDモデルはFFという表現が適切かどうか疑問だが、既存のRX450hからリアモーターを非搭載とし2WD化したモデルとなる。

レクサス RX450h 2WDモデル

続きを読む »

コメントはありません

トヨタ サイ(SAI)の発表が10月に前倒し

トヨタは年内発売としているハイブリッド車「サイ(SAI)」の発表を10月20日とした模様だ。
発売日は12月7日となる。
サイ(SAI)はレクサスHS250hのトヨタ版で、価格はプリウスとHS250hの中間の位置づけとなるとのことだ。

レクサス HS
画像はレクサスHS250h

続きを読む »

コメントはありません