新型レガシィ(5代目) 不人気の理由

発表されたばかりの5代目となる新型レガシィだが、今のところあまり人気がないようだ。
メカニズム的にもかなり良くなっているにも関わらず不人気の理由を探ってみた。

  • 発売日が新型プリウスの翌日
    新型プリウスはハイブリッドカーへの期待もありかなりの話題度で人気も高い。
    レガシィはその翌日発売ということで、客層は違えどユーザーの目は完全にプリウスを向いている感がある。
  • 広告戦略が下手
    ティザーCMを放映していたが、まだ新型レガシィが発売されたことを知らないユーザーも多い。
    特に大手の自動車ブログポータルユーザーにも知られていなかったりと、新型レガシィの認知度はかなり低いようだ。
  • かっこ悪い
    最初に北米仕様の画像が公開され、お世辞にもかっこいいと思えるものではなかった。
    日本仕様では北米仕様と比べると良くなっていると思えるが、まだ各所で見られるようなメーカー広報が公開している写真は実物より微妙だ。
    写真だけ見てかっこ悪いと思っている人は、一度現車を見てみることをおすすめする。
  • 排気量のアップ
    旧型レガシィのメイングレードは2.0Lの排気量だが、新型レガシィでは2.5Lがメインとなる。
    もちろん燃費は旧型並のまま排気量が上がることでパワーアップというメリットがあるが、一番のデメリットは自動車税が高いこと。
    また、車重が重くなる分、グレードによっては購入時の重量税が上がるという点も挙げられる。
    このご時世、ランニングコストが高くなる上に、減税対象グレードが少ないというのは大きなデメリットと言える。

ざっと考えてみると上記の理由が考えられる。
エコカーと比べてしまうと、新型レガシィではコスト面のデメリットが大きいが、実は中身に対しての車両本体価格を考えるとかなりお買い得な価格設定をしている。
もしかすると今後じわじわと人気が出てくるのでは?という期待を持ちつつ動向を見守りたい。

スバルレガシィツーリングワゴン

排気量:2457~2457 cc

スバル レガシィツーリングワゴン

 

スバルレガシィB4

排気量:2457~2457 cc

スバル レガシィB4

 

スバルレガシィアウトバック

排気量:2457~3629 cc

スバル レガシィアウトバック

 
1件のコメントがあります

新型レガシィ(5代目) 不人気の理由へのコメント

コメント一覧 (1件)

  1. 前略
    僭越ですが、一言、私見等を述べさせていただければ幸いです。
    私は、現在、レガシィBLに乗っております。基本的にレガシィは、良くできた車として、評価しております。
    しかし、新型の最大の問題点として上げさせていただきたいのは、そのデザインです。
    「写真だけ見てかっこ悪いと思っている人は、一度現車を見てみることをおすすめする。」とのことですが、私もショールームでじっくり確認し、通勤途上でも、何度もその姿を拝見しましたが、どう見ても「かっこ悪い」印象をぬぐえません。
    以前、スバルのデザイナーのコメントを拝読し、細部にこだわりをもった満足できるデザインになったと自負されているようですが、実車は、それを感じさせてくれないのは何故でしょう。
    全体の印象として、一言でいえば、「埋没した個性」であり、先進性と性能の高さをいささかも表現していないと言わざるを得ません。
    また、どこかで見た車のデザインを部分的に合成し、全体としてまとまりの希薄な印象を醸し出しているようです。
    私の周囲でも、好意的な評価をしている者がいないというのは、私の印象があながち間違っていない結果と考えております。
    それでも、いいデザインだと思われるのであれば、一般を対象にしたアンケートを実施されることをお勧めします。
    しかし、私自身、買い替えを考えておりましたが、今回は、断念せざるを得ません。
    このデザインの改良は、マイナーチェンジでも不可能と諦めております。
    失礼かと思いましたが、あまりに落胆したため、一言申し上げさせていただきました。
                                      草々

    Comment by クロス — 2009/10/28 at 15:57

新型レガシィ(5代目) 不人気の理由 関連記事

 
SAIの納期:2009年11月時点のトヨタ販社調べ
SAIの納期を再度トヨタディーラーに確認してみた。 前回、正式発表直後のSAIの納期情報を確認したが、発表か…
 
トヨタ SAI (サイ)の納期
先日発表されたトヨタの新型ハイブリッド車サイ(SAI)の納期情報が入ってきた。 2009年10月…
 
アウディ TTクーペ 3.2Lモデル廃止へ
アウディTTから3.2L仕様が廃止される(国内販売終了)との情報が入ってきた。 先日のTTの仕様変更で、アウ…
 
HS250h (レクサス) 実際の納期は
レクサスHS250hの納期はどの程度かかるのだろうか。 月間販売目標500台に対し、7月14日の…
ポンティアック G8
GM G8をシボレーブランドで生産継続へ
GM(ゼネラルモーターズ)は、ポンティアックG8の生産をシボレーブランドとして継続することを検討している。 …