新型プリウス グレード比較 おすすめはSグレード

新型プリウス(3代目)のグレード構成は派生グレードを除くと、ベースはL、S、Gの3種類。
ハイブリッドシステムなどの走行性能は全グレード共通だが、一番安いLグレードと一番高いGグレードでは、その価格差は40万円ほどもある。

その中でベストバイと言えるグレードは、ズバリ真ん中のSグレード。

早速おすすめの理由も含め、新型プリウスの各グレードの特徴を見て行く。


Lグレード

新型プリウス Lグレード

一番安く、手軽にハイブリッドを楽しみたいかたにはおすすめ。
205万円と、インサイトの最上位グレードと価格はほぼ同じながら、安全装備などはプリウスのLグレードの方が充実している。
ただし、廉価版のように扱われるLグレードでは、オーディオレスのような標準装備の簡略化だけでなく、リアワイパーやフォグランプといった装備がオプションでも選択できない。

Sグレード

新型プリウス Sグレード

新型プリウスの標準グレードであり、最もおすすめなグレードがS。
Lグレードとの価格差は15万円。
Sグレードでは、上記のLグレードではオプションですら選べなかった装備が標準で付いており、他のオプションも好きなものが付けられる。
オーディオはCDだが、オプションや社外品のHDDナビなどを付けるケースが多いのではないだろうか。

また、Sツーリングセレクションでは、17インチホイールやリアバンパースポイラーが標準となるなど、スポーティーな方向に振っている。
注意したいのは、Sツーリングセレクションでは、屋根にソーラーパネルを積んだベンチレーションシステムは搭載できない。

Gグレード

新型プリウス Gグレード

新型プリウスの最高グレードとなるのが、Gグレード。
クルーズコントロールが標準装備されるほか、スェード調上級ファブリックシートや本革巻きステアリングといった装備で内装の質感が高められている。
Sグレードとの価格差は25万円。

Gグレードにも派生グレードが存在する。
GツーリングセレクションはSグレードに対するSツーリングセレクションと同じ。
Gツーリングセレクション・レザーパッケージというグレードがあり、こちらはその名のとおり、レザー内装となる。
また、Gツーリングセレクション・レザーパッケージでは、パーキングアシスト付きHDDナビも標準装備される。

トヨタプリウス

排気量:1797~1797 cc

トヨタ プリウス

 
1件のコメントがあります

新型プリウス グレード比較 おすすめはSグレードへのコメント

コメント一覧 (1件)

  1. プリウスを購入しようと本日販売店に行ったのですが
    ムーンルーフをつけられるのはGグレードだけだといわれてしまいました。。。
    本当にGにしか就けられないのでしょうか?

    Comment by magic\wat — 2012/03/02 at 21:32

新型プリウス グレード比較 おすすめはSグレード 関連記事

レクサス HS
HS250h (レクサス) 価格とグレード比較
先日発売となったレクサスHS250hだが、価格は395万円から535万円までと幅広い。 そのHS250hの価…