マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了

マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。
RX-8の生産終了で、市販されているロータリーエンジン搭載車の終了を意味する。

マツダ RX-8

しかしながら、今回の発表で会長兼社長の山内氏は「RX-8の生産は終了しますが、ロータリーエンジンがマツダの魂のひとつであることに変わりはありません。マツダは今後もロータリーエンジンの研究・開発を継続していきます。」と宣言している。

RX-8は11月24日に最終モデルとして特別仕様車SPIRIT Rが発売される。

コメントはありません

マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…
三菱 デリカ D:2
三菱 デリカ D:2を発売
三菱は、デリカ D:2を2011年3月10日から発売する。 デリカ D:2は、コンパクトボディで広い室内空間…