VW ポロに1.2Lエンジンを搭載

VW(フォルクスワーゲン)は、ポロに1.2L TSIエンジンを搭載した。
同時に、これまでのコンフォートラインに加え、新たな上級グレードも追加される。

VW ポロ

現行型の5代目ポロは、昨年10月に1.4Lモデルが日本に導入された。

今回、ポロとして初めて低燃費と高い動力性能を併せ持つ新開発の1.2L TSIシングルチャージャーエンジンを採用。
フォルクスワーゲン車として過去最高の10・15モード燃費となる20.0km/Lの低燃費と、1.8Lエンジンに相当する高い動力性能を実現している。
当然、エコカー減税にも適合し、75%減税が適用される。

この新エンジンの登場で、1.4Lモデルは廃止となり、ベースモデルとなる「ポロ TSI コンフォートライン」と、さらに上級グレードとなる「ポロ TSI ハイライン」がラインアップされる。

ポロの価格は、ポロ TSI コンフォートラインが213万円、ポロ TSI ハイラインが242万円。
6月4日から販売が開始される。

なお、走りを重視した1.4Lツインチャージャーエンジン搭載モデルの「ポロ GTi」は、2010年秋に国内導入とのこと。

フォルクスワーゲンポロ

排気量:1197~1389 cc

フォルクスワーゲン ポロ

 
コメントはありません

VW ポロに1.2Lエンジンを搭載 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…