スバル レガシィに新型アイサイト搭載モデルを設定

スバルは、レガシィ シリーズに改良を施し、新型アイサイトを搭載したモデルを設定した。
新型EyeSight(アイサイト)は、自動ブレーキによって車両を停止させる最新の制御システムなどを含み、安全性の向上と運転負荷の軽減を図る機能を進化させた。

スバル レガシィ

レガシィシリーズは、今回の改良により、全車にクルーズコントロールを標準装備としたほか、エコカー減税対象車の展開を強化した。
レガシィツーリングワゴン、アウトバックの2.5i Lパッケージと2.5i アイサイトは減税75%に適合し、ツーリングワゴン、B4の2.5i Sパッケージは、エコカー減税50%に適合している。
(ただし、B4は、マッキントッシュオーディオシステム、サンルーフをオプション装備した場合のみ)

装備面では、人気のLパッケージとSパッケージの仕様装備を充実させた。
L Packageは、17インチアルミホイール、オートライト&オートワイパー、ヘッドランプウォッシャーなどを装備。
S Packageは、左右独立温度調整機能付フルオートエアコン、助手席パワーシートなどを装備し、仕様装備の充実が図られている。

また、特別仕様車2.5i S-styleは、2.5iをベースに、専用16インチアルミホイール、HIDロービームランプ、本革巻ステアリングホイールなどの特別装備を施しながら、お買い得感のある価格設定とした。

価格は、レガシィツーリングワゴンが236万2500円から348万6000円、B4が220万5000円から332万8500円、アウトバックが267万7500円から372万7500円。

スバルレガシィツーリングワゴン

排気量:2457~2457 cc

スバル レガシィツーリングワゴン

 

スバルレガシィB4

排気量:2457~2457 cc

スバル レガシィB4

 

スバルレガシィアウトバック

排気量:2457~3629 cc

スバル レガシィアウトバック

 
コメントはありません

スバル レガシィに新型アイサイト搭載モデルを設定 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…