高速道路 上限料金2000円と割引廃止が正式発表

前原国交相は、高速道路の新たな上限料金制度を正式発表した。
高速道路の新たな上限料金制度では、既存の休日上限1000円などの割引を廃止し、曜日を問わず2000円が上限となる。(普通車の場合)
なお、ETCの有無に関わらず上限料金制度の対象となる。

高速道路 新料金制度の概要

高速道路の新たな上限料金制度では、走行距離が短い場合、逆に割高となることもある。
既存の割引制度はほぼ廃止されるが、激変緩和措置として時間帯割引や大口・多頻度割引などの一部の割引制度が平成22年度に限定して実施される。

新料金制度は、高速料金の一部無料化とあわせて実施され、必要に応じて次年度以降に制度を見直す。
また、首都高速などの固定料金区間は、来年初旬を目処に距離別料金が導入される予定だ。

車買取ならカービュー
コメントはありません

高速道路 上限料金2000円と割引廃止が正式発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…