アウディ A3がエコカー減税対象に

アウディはA3をマイナーチェンジし、1.4TFSIがエコカー減税対象となった。
A3スポーツバック1.4TFSIは、燃費向上が図られ、平成22年度燃費基準+25%を達成。
さらに平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)の認定を取得し、エコカー減税75%減税の対象車となった。

アウディ A3スポーツバック 1.4TFSI

アウディA3スポーツバックは、スタイリッシュなデザイン、スポーティなドライビング性能、環境への配慮や高い作り込み品質が評価され、日本におけるアウディ販売台数の約4分の1を占めている人気のプレミアムコンパクトハッチバックモデルだ。

今回、エントリーモデルのA3スポーツバック 1.4TFSIが搭載する1.4L TFSIエンジンに改良が施され、燃費が16.6km/L(従来型比+0.8km/L)に向上した。
これにより、自動車取得税および自動車重量税が75%減税されるエコカー減税対象車となった。
エコカー減税とエコカー補助金を合わせ、車齢13年以上の車の廃車を伴う場合には398,900円、それ以外でも248,900円の優遇が受けられる。

アウディA3 1.4TFSIのエコカー減税対象モデルは、新価格が設定され、従来比6万円アップの305万円となる。

アウディA3スポーツバック

排気量:1389~1984 cc

アウディ A3スポーツバック

 
コメントはありません

アウディ A3がエコカー減税対象に 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…