ホンダ オデッセイなど約40万台リコール

ニューヨークホンダは、米国でオデッセイなど約40万台のリコールを発表した。
今回のリコールは、ブレーキの不具合について苦情が寄せられたことを受けて行われたものだ。

ホンダ USオデッセイ 2010年モデル
画像は現行型USオデッセイ

リコール対象となるのは2007年から2008年型のオデッセイ34万4000台と、エレメント6万8000台。

VSA(ブレーキ操作を補助する車両挙動安定化システム)のモジュレーターに空気が入り込みブレーキが利きにくくなることがある。
この現象は、時間がたつほど問題が大きくなる傾向があるという。

ホンダは、リコール対象の全車両に不具合が生じるわけではないが全ユニットを対象に含めると発表している。
該当車両の所有者には4月下旬から通知される予定だ。

車買取ならカービュー
コメントはありません

ホンダ オデッセイなど約40万台リコール 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…