BMW 新型5シリーズツーリングを発表

BMWは、新型5シリーズツーリングを発表した。
5シリーズツーリングは、新型5シリーズのワゴンモデルで、トランク容量が拡大されている。

新型5シリーズツーリング

新型5シリーズツーリングのトランク容量は560Lと、60Lほど拡大された。
リアシートは、40:20:40の分割可倒式が採用され、リアシートを倒した時には最大1670Lのトランク容量となる。

新型5シリーズツーリングに搭載されるエンジンは、ガソリンが2タイプとディーゼルが2タイプ。
ガソリンエンジン搭載モデルは、直噴3L 直列6気筒リーンバーンエンジンを搭載する523iと直噴3L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載する535iの2タイプ。
523iは、最高出力204ps/6100rpm、最大トルク27.5kgm/1500 – 4250rpm、0-100km/h加速8.2-8.4秒、最高速227-231km/h。
535iは、高精度ダイレクトインジェクションとバルブトロニックの組み合わせで、最高出力306ps/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを発生し、0-100km/h加速は6-6.1秒、最高速は250km/h(リミッター作動)というパフォーマンスを発揮する。

ディーゼルモデルは、直噴2L 直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載する520dと直噴3L 直列6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載する530dの2タイプ。
520dは、最高出力184ps/4000rpm、最大トルク38.7kgm/1750-2750rpm、0-100km/h加速8.3秒、最高速220-222km/h。
530dは、最高出力245ps/4000rpm、最大トルク55.1kgm/1750-3000rpm、0-100km/h加速6.4秒、最高速241-243km/h。

組み合わされるトランスミッションは6速MTまたは8速ATだ。

また、新型5シリーズツーリングでは、セルフレベリング機能付きのエアサスペンションが採用され、重い荷物を運ぶときなどに自動的に車体を水平状態に保つことができる。

BMW5シリーズツーリング

排気量:2496~2996 cc

BMW 5シリーズツーリング

 
コメントはありません

BMW 新型5シリーズツーリングを発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…