ベンツ Eクラスカブリオレを公開

メルセデス・ベンツは、Eクラスカブリオレをジュネーブモーターショーで公開した。
Eクラスカブリオレは、Eクラスの4番目のモデルとなる。

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ 2010年モデル

新型Eクラスカブリオレには、エアスカーフとエアキャップという新たな2つの機構を装備した。

エアスカーフは、乗員の首周りに温風を吹きかける装備で、寒い季節でもオープンカーを快適に楽しむためのものだ。
現行SLKなどのベンツのオープンモデルなどに採用されている。

Eクラスカブリオレに初装備となるエアキャップは、フロントウインドスクリーン上部のスポイラーと、後席の左右ヘッドレスト間のウインドディフレクターにより、車内への風の巻き込みを抑制するというもの。
センターコンソールのスイッチを操作すると、フロントガラス上部のスポイラーが60mm上方にせり出し風の侵入を防ぐ。

また、新型Eクラスカブリオレでは、ソフトトップも改良された。
アコースティックソフトトップと呼ばれる防音効果の高いレイヤー状のソフトトップは、クローズ時の遮音性を高める効果がある。

メルセデス・ベンツEクラスカブリオレ

排気量:3497~3497 cc

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ

 
コメントはありません

ベンツ Eクラスカブリオレを公開 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…