ベンツ Eクラス「E350 ブルーテック」を導入

メルセデス・ベンツは、Eクラスに「E350 ブルーテック(BlueTEC) アバンギャルド」を追加設定した。
E350 ブルーテックは、日本の排出ガス規制をクリアした最新クリーンディーゼルモデルだ。

メルセデス・ベンツ E350 ブルーテック

E350 ブルーテックには、3L V6直噴ターボディーゼルエンジンが搭載され、7Gトロニック(7速AT)との組み合わせで5Lクラスのガソリンエンジンに匹敵する動力性能と、すぐれた静粛性、2Lクラスガソリンエンジンなみの燃費経済性を実現した。

3L V6直噴ターボディーゼルエンジンは、最高出力は211ps、最大トルクは55.1kgmを発生する。
10・15モード燃費は、13.2km/L(セダン)、13.4km/L(ステーションワゴン)を実現した。

環境面では、世界で最もクリーンな排出ガス処理システム「BlueTEC(ブルーテック)」を採用し、世界で最も厳しいとされる日本の「ポスト新長期規制」と欧州排出ガス基準の「EURO6(2014年9月施行予定)」に適合した。
E350 ブルーテックでは、尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択型触媒還元)により排出ガス中の窒素酸化物(NOx)を約69%低減するとともに、最新の粒子状物質除去フィルター(DPF)により粒子状物質(PM)を約21%低減、燃焼効率の向上により二酸化炭素(CO2)排出量も約7.2%低減しているという。(先代E320 CDIとの比較)
輸入車初、またATとしては初となるエコカー減税の100%減税(免税)対象となり、エコカー補助金の対象車にもなっている。

また、E350 ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルドは世界に先駆けて日本市場に初導入される。

E350 ブルーテックの価格は、セダンが798万円、ステーションワゴンが833万円。

メルセデス・ベンツEクラス

排気量:1795~5461 cc

メルセデス・ベンツ Eクラス

 
コメントはありません

ベンツ Eクラス「E350 ブルーテック」を導入 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…