ポルシェ 911GT3 RハイブリッドにはKERS搭載

ポルシェは、911GT3 Rハイブリッドをジュネーブモーターショーに出展する。
911GT3 Rハイブリッドに搭載されるハイブリッドシステムは、一般的なハイブリッドシステムとは異なり、レース専用に開発されたKERSを採用する。
フロントホイールはそれぞれ60kWを発生する2基のモーターが、あたかもターボのようにガソリンエンジンをアシストする。

ポルシェ 911GT3 Rハイブリッド

911GT3 Rハイブリッドには、バッテリーは搭載されず、運転席の横にエレクトリカル フライホイールパワージェネレーターを搭載する。
エレクトリカル フライホイールパワージェネレーターと呼ばれる回生エネルギー回収システムが蓄電し、モーターに電源を供給することで6から8秒間のモーターによるパワーブーストを使用する事ができるという。

KERSの技術提供はF1チームのウィリアムズ(ウィリアムズ・ハイブリッド・パワー社)。
KERSは、キネティック・エナジー・リカバリー・システムの略で、運動エネルギー回収システムと呼ばれるハイブリッドシステム。

ジュネーブモーターショーにフェラーリが出展する599ハイブリッドにも同様の仕組みが搭載される可能性がある。
※599ハイブリッドのハイブリッドシステムに関しての詳細は公表されていない。

ポルシェ911

排気量:3613~3799 cc

ポルシェ 911

 
コメントはありません

ポルシェ 911GT3 RハイブリッドにはKERS搭載 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…