MINIカントリーマンを発表

BMWは、MINIブランド4番目のモデルとなる新型クロスオーバー「MINIカントリーマン」を発表した。
MINIカントリーマンは、MINI、MINIコンバーチブル、MINIクラブマンに続く、MINIブランド4番目にして初の4ドアモデルとなる。

MINIカントリーマン

MINIカントリーマンは、クラシカルなイメージとモダンなスタイルを融合させた新世代のクロスオーバーモデルだ。
エクステリアは、MINIのデザインテイストをベースにバンパー部分の厚みを増してタフなイメージを演出した。
4ドアモデルとしてMINIより400mmボディが延長され、6ライトとなったサイドウインドウや、丸型から多角形タイプとなったヘッドライトなどが主な特徴となる。
リアゲートも大型化されており、ナンバーの取り付け位置はリアバンパーとなった。

MINIカントリーマンのインテリアは、MINI同様にアナログ式のセンターメーターが特徴。
センタートンネル部分にカップホルダーや小物入れを装備する。
リアシートはセパレートタイプの2人掛けが標準だが、無償オプションでベンチシートの3人掛け仕様も選ぶことができる。
ラゲッジスペースは350Lだ。

MINIカントリーマンに搭載されるエンジンは排気量1.6Lのガソリンエンジンが3種とディーゼルエンジンが2種。
ガソリン仕様の高性能モデルである「MINIクーパーS カントリーマン」は、ツインスクロールターボを搭載し、最高出力184ps、最大トルク24.5kgmを発生する。
その他のガソリン仕様にはNAエンジンが搭載され、MINIクーパーカントリーマンが122ps、16.3kgmを発生、MINI ONE カントリーマンは98ps、15.6kgmを発生する。

車買取ならカービュー
コメントはありません

MINIカントリーマンを発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…