米紙 トヨタ車の電子制御装置の欠陥を示唆

ロサンゼルス・タイムズは、トヨタ自動車が米国で販売した車のアクセルペダルがフロアマットに引っ掛かり事故を引き起こす恐れがあるとされる問題で、フロアマットではなく電子制御装置が加速などの原因となっている可能性があるとの見方を示した。

トヨタは電子制御システムに問題はないと説明しており、米道路交通安全局も電子制御上の欠陥は発見されていないとしているが、同紙は過去に突然加速するケースでフロアマットを取り外したにも関わらず、2009年10月に突然加速を始めた「タコマ」の例を示している。

トヨタが先日発表した大規模な自主改修は、まだ尾を引きそうだ。

車買取ならカービュー
コメントはありません

米紙 トヨタ車の電子制御装置の欠陥を示唆 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…