日本自動車殿堂カーオブザイヤー発表

特定非営利活動法人の日本自動車殿堂は、2009-2010日本自動車殿堂カーオブザイヤーを発表した。
2009-2010日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞したのは、ホンダ インサイト

ホンダ インサイト

日本自動車殿堂カーオブザイヤーの受賞理由は、大胆な低価格戦略のハイブリッド車を業界に先駆けて投入し、国内市場でハイブリッドカー普及の先鞭をつけたことや、環境性能と走行性能の高次元バランス、高速性と経済性を両立したIMA(ホンダ独自のハイブリッド)技術などだ。

低価格なハイブリッドとして登場したホンダ インサイトがなければプリウスが現在の価格で販売されることもなかったであろうし、日本の自動車市場に大きな影響を与えた1台だと言える。

ホンダインサイト

排気量:1339~1339 cc

ホンダ インサイト

 
コメントはありません

日本自動車殿堂カーオブザイヤー発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…