ベンツ Eクラス環境対応モデルが上級モデル装備で登場

メルセデス・ベンツは、新型Eクラスの優れた環境性能のモデルである「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」を日本で発売した。
環境性能を高めただけでなく、上級モデルと同等の安全性や快適性を実現しているのも大きな特徴だと言える。
E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドは、ガソリンエンジン搭載車では輸入車初のエコカー減税対象車となる予定だ。

メルセデス・ベンツ E250 CGI ブルーエフィシェンシー

E250 CGI ブルーエフィシェンシーのラインナップは「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」、「E250 CGI ブルーエフィシェンシークーペ」、「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」の3種類。

搭載されるエンジンは3モデルとも、新開発の1.8Lガソリン 直噴ターボエンジンで、先代E250と同等の出力と、最大トルク26%の増加を実現するとともに、燃費は最大約27%の大幅な低減を図っている。
また、その名の通り、燃費向上やCO2排出量削減に向けたメルセデスの最新環境対応技術である「ブルーエフィシェンシー・テクノロジー」を採用している。

前述のとおり装備は、かなり充実している。
E250 CGI ブルーエフィシェンシー(セダンおよびクーペ)は、9個のエアバッグ、居眠り運転による事故を防止するためのアテンションアシスト、HDDナビゲーションシステム、地上デジタル放送(12セグ)対応テレビチューナー、iPodやUSBオーディオなどの外部オーディオ機器対応のメディアインターフェース、リアビューカメラ、パークトロニックなど、上級モデルと同等の安全性や快適性を備えている。

さらにE250 CGI ブルーエフィシェンシーアバンギャルドは、ほぼAMG仕様となっており、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、リア/サイドスカート)や18インチAMGツインスポークアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンド、AMGスポーツシート、AMGスポーツステアリング、パノラミックスライディングルーフなどを標準装備している。

これだけの装備を採用しながらも魅力的な価格設定となっており、E250 CGI ブルーエフィシェンシーが634万円、E250 CGI ブルーエフィシェンシー クーペが668万円、E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドが698万円という、新型Eクラスの中でも最安グレードと並ぶ価格だ。

メルセデス・ベンツEクラス

排気量:1795~5461 cc

メルセデス・ベンツ Eクラス

 
コメントはありません

ベンツ Eクラス環境対応モデルが上級モデル装備で登場 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…