アウディ 新型Q7を発売

アウディは、新型Q7を発表した。
環境性能と、エレガントでスポーティなデザイン、機能性にさらに磨きをかけた高性能ラグジュアリーSUV「新型Q7」は本日から発売となる。

アウディ Q7は、ラグジュアリーセダンに匹敵する快適性、スポーティセダンにひけをとらない機敏なハンドリングと俊足さ、アウディらしいエレガントでスポーティなデザイン、使い勝手の良い広大なラゲッジスペースを備える高性能ラグジュアリーSUVだ。
2010年度燃費基準を達成するなど、高い環境性能も達成している。

アウディ 新型Q7

新型Q7は、エンジン細部の改良と新機構の採用により、環境性能がさらに向上している。
V6 3.6L FSIエンジンを搭載する3.6 FSI クワトロは、10・15モード燃費が7.1km/Lから7.6km/Lへと向上(従来比7% 向上)、V8 4.2Lエンジン搭載の4.2 FSI クワトロは、6.7km/Lから7.2km/L(従来比7.5%向上)へ向上した。

組み合わされるトランスミッションは、従来通り6速ティプトロニックトランスミッションで、駆動方式はクワトロ(フルタイム4WD)だ。
クワトロシステムは、通常時に後輪側へより多くの動力を配分する。

新型Q7では、新たにパワートレインにブレーキエネルギー回生システムを採用。
ブレーキエネルギー回生システムは制動時および一定速度での走行時に運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、変換された電力をバッテリーに蓄えることで、オルタネーターの動作を抑制させ、燃費向上に寄与する。

新型Q7のエクステリアは、フロントヘッドライトユニット内部にU字型に配列された視認性の高いLEDポジショニングランプや、テールランプなど最新のアウディデザインを踏襲している。
アウディのアイデンティティとも言えるシングルフレームグリルは、縦方向のクロームバーが加わり、より立体的なデザインへと進化した。
ラップアラウンドデザインが特徴的なテールゲートも、そのデザインを一新。
広い開口部による使い勝手の良さはそのままに、リヤウインドーからリヤバンパーまで、流れるような1本の線を描き、より力強い立体感を表現している。

アウディ 新型Q7 発表会の様子-1アウディ 新型Q7 発表会の様子-2

インテリアは、助手席側ダッシュボードに、新たにウッド素材(S-lineパッケージではアルミニウム素材)のデコラティブパネルを採用したほか、スイッチボタンの意匠変更、新色の設定など、室内の快適性をさら高めるための改良が施されている。

新型Q7には新たな安全装備も豊富だ。
「アウディレーンアシスト」は走行中の車線をはみ出しそうになると、ステアリングホイールを振動させてドライバーに注意を促す。
「アウディサイドアシスト」は車線変更を安全に行えるよう、並走する車両を絶えず監視し、必要に応じドライバーに危険を知らせる。
これら最先端の安全装備は、レーダーを使用して0~200km/hの間で先行車との車間距離を一定に保ち、ロングドライブの快適性を向上する「アダプティブクルーズコントロール」とセットで、オプション装着が可能だ。

新型Q7の室内空間は、従来型同様に多彩なシートアレンジが可能で、3列7シーターのレイアウトは、2列目および3列目シートを折り畳むことで、最大 2,035Lのフラットなラゲッジスペースが出現する。

また、標準装備のマルチメディアインターフェイス(MMI)は、40GB HDD、7インチVGAディスプレイ、Bluetoothハンズフリーシステムを装備する新型へと進化。
標準装備のBose サラウンドサウンドシステムと組み合わせで、高機能なインフォテイメント/エンターテイメントシステムを実現する。
4.2 FSIクワトロには、オプションで、14スピーカー/1000Wの「バング&オルフセン アドバンスドサウンドシステム」も装着可能だ。

価格は、Q7 3.6 FSI クワトロが740万円、Q7 4.2 FSI クワトロが970万円。

アウディQ7

排気量:2994~2994 cc

アウディ Q7

 
コメントはありません

アウディ 新型Q7を発売 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…