ランエボ 燃料パイプの不具合でリコール

三菱は、ランサーエボリューションとギャランのリコールを届け出た。

不具合箇所は燃料リターンパイプで、固定構造が不適切なため、エンジン振動によりパイプ固定部の応力が高くなり、パイプに亀裂が発生し、燃料が漏れるおそれがあるという。
対象となるのは、2007年9月7日から2009年1月28日に製作されたランサーエボリューションとギャランのターボ付きモデル6676台。

全車両、燃料リターンパイプの固定構造を変更するとともに、燃料リターンパイプを新品と交換する。
不具合発生はなく、社内情報とのことだ。

ランサーエボリューション リコール箇所

三菱ランサーエボリューション

排気量:1998~1998 cc

三菱 ランサーエボリューション

 
コメントはありません

ランエボ 燃料パイプの不具合でリコール 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…