マツダ CX-7をマイナーチェンジ

マツダは、CX-7のマイナーチェンジを行った。

マツダ CX-7

CX-7は、「洗練」をテーマに、今回のマイナーチェンジで、フロントグリルとフォグランプを拡大し、内装は黒をベースにメタル調の装飾で質感を向上させた。
走行性能にも改良が施されており、加速感や操作性、安定性が向上したという。

また、エンジンの燃焼効率を改善し、従来モデルに比べ約2%の燃費向上を実現している。
装備面でも燃費計やエコランプが新たに追加された。

価格はCX-7が295万円、CX-7クルージングパッケージが358万円。

マツダCX-7

排気量:2260~2260 cc

マツダ CX-7

 
コメントはありません

マツダ CX-7をマイナーチェンジ 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…