ベンツ ブルーゼロE-CELLプラスを公開

ベンツはブルーゼロ E-CELL プラス(BlueZERO E-CELL PLUS)の先行量産モデルを公開した。
ブルーゼロE-CELLプラスは、モーターのみで約100kmを走行可能なプラグインハイブリッド(PHV)車であり、家庭用電源から充電が可能。
エンジンを搭載するが、エンジンは充電専用となる。

ベンツ ブルーゼロE-CELLプラス

ブルーゼロE-CELLプラスは、家庭用電源で充電可能なプラグインハイブリッド(PHV)車で、充電時間は約6時間(欧州家庭用電源使用時)。

ブルーゼロE-CELLプラスは、「レンジエクステンダー」と呼ばれ、基本はモーターで走行し、バッテリー残量が少なくなると始動する充電専用のエンジンを搭載する。
搭載されるモーターは最大出力136ps、最大トルク32.6kgmで、0-100km/h加速は11秒以下、最高速度は150km/h(リミッター作動)の動力性能を持つ。
2次バッテリーは18kWhのリチウムイオンバッテリーで、モーター単独での最大航続距離は100km。
充電専用のエンジンは、スマートフォーツー用の1L直列3気筒ターボエンジンで、モーターへの電力供給とバッテリー充電に使用される。
このエンジンを組み合わせることで最大航続距離は約600kmとなる。
燃費は、26.4km/L(欧州複合モード)、CO2排出量は32g/km。

ベンツ ブルーゼロE-CELLプラス

ブルーゼロE-CELLプラスのボディはAクラスやBクラスと同様のサンドイッチフロア構造となっており、車内スペースを犠牲にせず大人5人が乗車でき、トランク容量も500L(VDA計測法)を確保した。
モーターはフロントアクスルに搭載される。

車買取ならカービュー
コメントはありません

ベンツ ブルーゼロE-CELLプラスを公開 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…