スバル インプレッサをマイナーチェンジ

スバルはインプレッサのマイナーチェンジを行った。
インプレッサの5ドアモデルには新グレード1.5i-Sが追加された。

スバル インプレッサ 1.5i-S

インプレッサのマイナーチェンジでは、新色「ブリティッシュレーシンググリーン・パール」の設定、5ドアモデルの新造形フロントグリルの採用、およびシートデザインの変更などにより、質感の向上を図っている。
さらに、サスペンションの設定を変更し、操縦安定性を高めながら快適な乗り心地を実現した。

また、スポーティな仕様装備を充実させた「1.5i-S」を新たに設定するなど、一部グレード展開の変更を行うとともに、量販グレードである1.5Lエンジン搭載車のエコカー減税(環境対応車普及促進税制)適合モデルを拡大した。

コメントはありません

スバル インプレッサをマイナーチェンジ 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…