スバル エクシーガをマイナーチェンジ

スバルはエクシーガをマイナーチェンジした。
マイナーチェンジとはいえ、大幅に改良され、合わせて特別仕様車が設定された。

スバル エクシーガ

マイナーチェンジしたエクシーガは、「ツーリング7シーター」をキーワードに、従来からの高い操縦安定性と居住性に加え、新たに環境性能や安全性能に大幅な改良を施すことにより、7人すべての乗員がドライブすることをさらに愉しんでいただける快適な移動空間としている。

エクシーガのマイナーチェンジによる改良ポイントは以下のとおり。

エクステリア
外装色は、「クリスタルブラック・シリカ」、「グラファイトグレー・メタリック」2色を新たに設定し、全7色となった。

インテリア
2.0iにはブラック内装を、2.0i-L Ivory Selectionにはスエード調トリコット素材を用いたアイボリー内装色を採用した。
メーターパネルは、新デザインを3種類設定。
この他、グレードによりメタル調、黒木目調のインテリアや、MOMO製本革巻ステアリングの採用、アルミパッド付スポーツペダル、パドルシフトの採用などが行われている。

スバル エクシーガ 2.0GT EyeSight インテリアスバル エクシーガ アイボリー内装

スバル エクシーガ パドルシフト/メーターパネル

メカニズム
2.0L NA車(2WD/AWD)に、新開発のCVT「リニアトロニック」を搭載した。(2.0iを除く)
足回りは、フロントストラットとリヤショックアブソーバーの減衰力特性を変更し路面追従性を高めた他、リヤサスペンションダンパーには微低速域でも路面からの振動をしっかりと吸収する新バルブを採用することで、特に2列目、3列目シートの乗り心地を向上させた。

スバル エクシーガ リニアトロニック(イメージ)

環境性能
エコカー減税対応車(環境対応車普及促進税制適合車)をリニアトロニック搭載モデル、2.0iのAWD車、2.0iの2WD車(メーカーオプション装着車)に拡大した。

安全性能
横滑り防止装置VDCの設定を拡大展開した。(2.0iを除く)
また、先進運転システム「EyeSight」を2.0GT EyeSightに搭載した。

スバル エクシーガ EyeSight ステレオカメラ

同時に設定された特別仕様車「2.0i S-style」は、2.0iをベースにルーフスポイラー、HIDヘッドランプなど、スポーティで機能性の高い装備を充実させたモデルとなる。

今回は残念ながら2.5L仕様の発表は無かったが、当初、9月上旬には2.5L追加の発表があるとの情報も入っているため、可能性はゼロではないようだ。
詳細情報が入り次第お伝えする。

スバルエクシーガ

排気量:1994~2457 cc

スバル エクシーガ

 
1件のコメントがあります

スバル エクシーガをマイナーチェンジへのコメント

コメント一覧 (1件)

  1. […] 出典car-topics.net […]

スバル エクシーガをマイナーチェンジ 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…