フィアット グランデプントからプントエボへ

フィアットは、欧州仕様のグランデプントのマイナーチェンジを行い、車名をプントエボに変更すると発表した。
一部市場では2代目プントも併売されるため、プントエボは2代目プントの高性能モデルとの位置づけとなる。
プントエボは、フランクフルトショーで正式に発表される。

フィアット プントエボ

プントエボは、2代目グランデプントから内外装の変更、環境性能の向上と動力性能の向上を行った。

プントエボには新エンジンが搭載され、ガソリンエンジンには、直列4気筒の1.4Lエンジン「マルチエア」を採用し、出力向上と燃費向上が図られている。
ガソリンエンジンにはターボとNAの2種類が用意され、最大出力はターボが135ps、NAが105ps。
ディーゼルエンジンのマルチジェットユニットも新世代型に進化しており、新型のコモンレールシステムを搭載し、よりきめ細かな燃料噴射が可能になったことで燃費の向上を実現した。

外観は、バンパー、グリル、ヘッドランプ、テールランプのデザインを変更しており、ボディサイズは従来よりも全長が10mm長くなった。
内装はインパネやシートのデザインを変更し高級感を増している。

装備面では、ニーエアバッグを含む合計7つのエアバッグや、ステアリングの角度によって自動的に点灯するアダプティブ・コーナリング・フォグランプ、坂道発進をサポートするヒルホルダー付きのESPなどの搭載により、安全性が高められた。

プントエボは、欧州市場で10月後半に発売予定だ。

フィアットグランデプント

排気量:1368~1368 cc

フィアット グランデプント

 
コメントはありません

フィアット グランデプントからプントエボへ 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…