ボルボ 新型XC60が国内発売

ボルボのコンパクト・プレミアムSUV「新型XC60」が日本国内で販売開始された。

ボルボ XC60

新型ボルボXC60は、最近急速に成長し、注目を集めているコンパクト・プレミアム・クロスオーバーのセグメントに、ボルボが満を持して導入するニューモデルであり、魅力的なデザインとスポーティな走り、そしてクラストップの安全性を兼ね備えたモデルだ。
昨年秋のヨーロッパ導入以来、すでにボルボのベストセラーモデルの地位を確立している。

ボルボ初のクロスオーバーとなる新型XC60は、クロスカントリー(XC)とクーペの二つの車種の特徴を巧みに融合させたモデルとなった。
より大きくなって存在感を増したアイアンマークとグリルサイドの縦型LEDランプが、ボルボの新しい顔として、新型ボルボXC60の力強さ、表情の豊かさ、個性、自信をボディに具現化している。

ボルボ XC60 リア

新型XC60のインテリアは、エクステリアと同様にエキサイティングなデザインとし、ナビゲーションのモニターと一体型となったセンタースタックが、ドライバーサイドに傾いており、人間工学的にデザインされたインストルメントパネルとともにコクピットにいるような感覚を演出している。
ボルボ XC60 インパネ

シートとバックレストには「X(クロス)」をモチーフにしたパターンが施され、エクステリアのダイナミックさと連動したインテリア・デザインとなっている。
その他にも、世界水準のオーディオ・サウンドシステムや本革シートなど、丁寧に作りこまれたインテリア各部によって、自宅のリビングにいるような寛ぎの空間を創出した。
ボルボ XC60 インテリア

XC60のエンジンに搭載されるターボ・チャージャー付3L直列6気筒エンジンは、最大トルク40.8kgm、最大出力285psを発生する。
また、確実なロードグリップ性を発揮するプレチャージ式電子制御AWD(全輪駆動)システムと、さらに進化したダイナミック・スタビリティ&トラクション・コントロール(DSTC)が、路面状況に関わらず安定した操作性を実現している。

新型XC60は、ボルボ=安全と言われるだけあり、先進的な安全装備を標準搭載している。

新型XC60には、世界で初めて低速追突を未然に防ぐ安全技術「シティ・セーフティ」を全車に標準装備した。
シティ・セーフティは、ルームミラー前方に位置するレーザーセンサーで、停車中もしくは同じ進行方向に進んでいる約6m先の前方車両の走行状態を常にモニターし、走行中、差し迫った追突の危険性を感知すると、ドライバーによるブレーキ操作に備え、ブレーキの反応を素早くする為にブレーキをプレチャージする。
それでもドライバーが反応せず、ブレーキを踏まなかった場合、シティ・セーフティが自動的にブレーキをかけ、同時にエンジン出力を抑制するという仕組みだ。
ヨーロッパ諸国では、シティ・セーフティ搭載により最大25%の保険料引き下げも実施されている。

ボルボ XC60 レーザーセンサーボルボ XC60 シティ・セーフティ

また、XC60にはボルボ初となるプリ・プリペアード・レストレインツ・システム(PRS)を搭載した。
プリ・プリペアード・レストレインツ・システムは、シティ・セーフティで活用するレーザーセンサーを用いて、前方車両をモニターし、衝突の危険を察知すると、他の車載技術と連携し、エアバックやロードリミッター付シートベルトを事前に作動準備し、衝突の被害を軽減させるシステムだ。
これにより、エアバックやロードリミッター付シートベルトの作動開始時間が短縮され、乗員保護効果を最大限高められる。

価格は599万円。

ボルボXC60

排気量:1998~2953 cc

ボルボ XC60

 
コメントはありません

ボルボ 新型XC60が国内発売 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…