ホンダ 電気自動車(EV)の米市場参入を検討

ホンダが米国市場で電気自動車(EV)の販売を検討していることが明らかになった。

アメリカ政府は2010年以降に自動車の燃費規制を強化する見通しで、ホンダはEVを投入することでこの規制に対応する考えだ。

ホンダのエコカー(環境対応車)主力商品はHV(ハイブリッド)車であり、主力のインサイトや今後発売予定のCR-Z、フィットハイブリッドなどのハイブリッド戦略を公表している。
ハイブリッドに次ぐ「次世代エコカー」では燃料電池車の開発に注力してきたが、高額な生産コストがかかるため、アメリカ政府の燃費規制には当面EVで対応するという。
開発中のEV試作車は、東京モーターショーで公開する方針だ。

ただし、EVの航続距離は約150km前後と短くなることから、アメリカ以外での販売は慎重に検討するとしている。

車買取ならカービュー
コメントはありません

ホンダ 電気自動車(EV)の米市場参入を検討 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…