スマートフォーツーEV発表

独ダイムラーは、スマートフォーツーEVを、2009年秋より発売すると発表した。
スマートフォーツーEVは、スマートフォーツーをベースにした第2世代のEVシステム搭載車だ。

スマートフォーツー EV

スマートフォーツーEVで使用されるEVシステムのモーターは、最高出力40.8psで最高速度は100km/h(リミッター作動)というスペック。

バッテリーには、高効率であるリチウムイオン電池を採用した。
容量14kWhのリチウムイオンバッテリーを前軸と後軸の間の床下に搭載している。
バッテリーの供給元は、アメリカの電気自動車メーカーであるテスラモーターズだ。

スマートフォーツーEVは、通常の家庭用コンセント(220V)で充電することができ、フル充電状態での航続距離は115kmとなる。
また、多くの場合、市街地での1日の平均走行距離は30~40kmであり、3時間程度の充電で走行が可能だという。

「燃費」にあたるランニングコストは、ドイツの電気代を元に算出すると100km走行あたりガソリン2Lよりも安い2ユーロ(約267円)となる。
多くのコンポーネントがメンテナンスフリーであり、維持費もガソリンエンジン車よりも安いという。

スマートフォーツー EV (充電)

スマートフォーツーEVは2009年秋より生産が開始され、当初はベルリンおよびアメリカ、ヨーロッパ各地など地域を限定しリース販売を行う。
本格的な市場投入は2012年に開始される予定だ。

スマートフォーツークーペ

排気量:999~999 cc

スマート フォーツークーペ

 
コメントはありません

スマートフォーツーEV発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…