日産 ティアナの一部仕様を向上

日産は、ティアナの一部仕様を向上し、同時に特別仕様車「プレミアム セレクション」を発売した。

日産 ティアナ

ティアナは2008年6月の発売以来、上質で洗練されたデザイン、快適な乗り心地と高い静粛性などが好評だ。
新型ティアナ(マイナーチェンジモデル)では、一部仕様向上により、さらに居心地の良い室内空間を実現したという。

今回の仕様向上では、先進の地図更新システムを装備したHDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムを採用した(350XV、250XVに標準装備。その他グレードはメーカーオプション)。
カーウイングスナビゲーションシステムでは、12セグ/ワンセグ自動切換え機能付き地デジチューナーを内蔵し、iPod等とのUSB接続を可能とすることで、お気に入りの音楽を車内で楽しめるようにするなど、充実したエンターテインメント機能を装備している。

また、ティアナの一部仕様向上と同時に、オーテックジャパンは特別仕様車「プレミアムセレクション」を設定、また、ティアナ アクシスの仕様をベース車同様に一部向上した。

ティアナ プレミアムセレクション

ティアナの特別仕様車であるプレミアム セレクションは、「ティアナ」がもつおもてなしというコンセプトを追求し、特別装備として新機構の「おもてなしシート」を、運転席と助手席に採用したモデルである。

「おもてなしシート」は、ドアを開けると、座面がほぼ水平になるよう着座点を30mm持ち上げ、かつ9度外を向くことで、乗り降りをサポートするシート。
これにより乗り降りの際に上品な雰囲気を演出し、かがんだり体をひねる等の負担も軽減される。

なお、この「おもてなしシート」は、今年初めに開催されたカスタマイズショー「東京オートサロン」、「大阪 オートメッセ」に出品した同社製のカスタムカー、ティアナ「アクシス」に参考装着したシートを商品化したものである。

日産ティアナ

排気量:2488~3498 cc

日産 ティアナ

 
コメントはありません

日産 ティアナの一部仕様を向上 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…