マツダ CX-7にクリーンディーゼルモデル

マツダは、CX-7のマイナーチェンジ(欧州仕様)に合わせ、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを設定する。

マツダ CX-7 MZR-CD 2.2Lディーゼルエンジン搭載車(欧州仕様)

マツダは、フランクフルトモーターショーに「Mazda CX-7」マイナーチェンジモデル(欧州仕様)を出品する。

新たにラインアップに追加したMZR-CD 2.2Lディーゼルエンジン車は、「SCRシステム」を搭載することで窒素酸化物の排出量を大幅に低減し、欧州の厳しいエミッション規制「Euro5」に適合する優れた環境性能を実現している。

SCRシステムは、尿素水「AdBlue」を触媒の手前の排気管内に噴射し、排出ガスと化学反応させることで、排出ガス中の窒素酸化物を約40%も無害な窒素に変える排出ガス浄化処理システム。
これまでは、システムが大きいためトラックなど大型車に搭載例があるだけだが、荷室下部に設けたAdBlueの貯蔵タンクをはじめシステム全体の小型・軽量化を実現し、日本車メーカーとして初めて乗用車への搭載を可能にしたという。

CX-7ディーゼルエンジン車は、2009年10月に欧州、11月にオーストラリアでの販売開始を予定している。

※ AdBlueとは、Verband der Automobilindustrie e.V.(VDA/ドイツ自動車工業会)により商標登録された尿素水の呼称

マツダCX-7

排気量:2260~2260 cc

マツダ CX-7

 
コメントはありません

マツダ CX-7にクリーンディーゼルモデル 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…