BMW アクティブハイブリッドX6を発表

BMWはBMWとしては初のHV(ハイブリッド)車となるアクティブハイブリッドX6を発表した。

BMW アクティブハイブリッドX6

アクティブハイブリッドX6は、2007年のフランクフルトモーターショーで出展された「コンセプトX6アクティブハイブリッド」の考え方を受け継いだ量産モデルだ。

アクティブハイブリッドX6のベースとなるのはX6の最上位グレードであるxドライブ50i。
ハイブリッド仕様は2基のモーターを追加し、低速用モーターが91ps、26.6kgm、高速用モーターが86ps、28.5kgmを発生する。
ガソリンエンジンはxドライブ50iと同じ直噴4.4L V8ツインターボエンジンが採用されており、480ps、62.2kgmを発生する。
これらの組み合わせにより、システム出力は480ps、最大トルク79.5kgmという量産ハイブリッド車としては最強のパワーを発生。

BMW アクティブハイブリッドX6 (エンジン)BMW アクティブハイブリッドX6 (構造)

組み合わされるトランスミッションは7速ツーモードアクティブトランスミッション(ECVT)。
7速ツーモードアクティブトランスミッションは、大パワーを扱うため3つの遊星ギアと4つのマルチプレートクラッチで構成される。

ハイブリッドの2次電池はリチウムイオンではなく、液冷式の高圧ニッケル水素バッテリーが採用されている。
電池は荷室フロア下に設置され、蓄電容量は2.4kWh。

BMW アクティブハイブリッドX6 (バッテリー)

アクティブハイブリッドX6は、最大約2.6km、最高速60km/hをEVモード(ゼロエミッション)で走行することも可能。
燃費は正式発表されていないが、ベースとなるxドライブ50iに対し約20%向上しているという。

アクティブハイブリッドX6か通常のX6かを見分けるための特徴はなく、外観はフロントドアやテールゲートトリムバーがエコをイメージさせるブルーウォーターメタリックで仕上げられる程度となる。

BMW アクティブハイブリッドX6 (ハイブリッドロゴ)

アクティブハイブリッドX6は、9月のフランクフルトモーターショーで正式発表され、9月~12月期に発売される予定だ。

BMWX6

排気量:2979~4394 cc

BMW X6

 
コメントはありません

BMW アクティブハイブリッドX6を発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…