HS250h 好調 累計受注が8600台に

レクサス初のハイブリッド専用車HS250hの累計受注台数が8600台に達したと発表された。

レクサス HS

HS250hは月間販売計画が500台と発表されており、事前予約分も含むが発売後約1カ月で計画の17倍の受注ということになる。
トヨタの新型プリウスの納期が、エコカー補助金の期限である2010年3月末までに間に合わないことをトヨタがホームページ上で発表してからHS250hの受注ペースがさらに上昇したという。
価格帯は違うが、プリウスを検討していたユーザーがHS250hに流れているものと見られ、昨今のハイブリッド人気を裏付ける形となった。

レクサス車は注文生産のため、通常でも納期は2カ月程度かかる。
ハイブリッド車の場合、電池などユニットの生産能力に限りがあるため、HS250hも来年3月末までの登録に間に合わなくなる可能性があるという。

レクサスHS

排気量:2362~2362 cc

レクサス HS

 
コメントはありません

HS250h 好調 累計受注が8600台にへのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

HS250h 好調 累計受注が8600台に 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…