GMアジア・パシフィック・ジャパン サーブ取り扱い継続

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)は、サーブブランドの取り扱いを継続すると発表した。

サーブ 9-3

サーブブランドの取り扱い継続発表は、一部報道で同社がサーブブランドの取り扱いを9月末にも終了すると報じられたことに反論するもの。
GMアジア・パシフィック・ジャパンは、サーブ車ならびにパーツ供給・保証も含め、新たな輸入元が確定し業務移管を完遂するまで継続するとのことだ。

また、サーブ車の販売に関しては新たな輸入元が確定した時点で販売店との直接協議となるものの、それまでは既存の販売ネットワークで継続するという。
7月のサーブの販売は好調であり前年同月比約70%増であるとした上で、「今後も安心してサーブ車をお楽しみいただければ」とのこと。

車買取ならカービュー
コメントはありません

GMアジア・パシフィック・ジャパン サーブ取り扱い継続へのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

GMアジア・パシフィック・ジャパン サーブ取り扱い継続 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…